2018年最後の日本舞踊ショー レポート

日曜日の本日は2018年最後の日本舞踊のショーの日でした。

 

前から交渉が入り契約も結ばれていたため、以前から踊ることが確実であったショーです。(フランスでは依頼があっても普通にキャンセルになったりするので)

 

場所はサンドニという、パリから北の郊外にあたりです。始めて!

ちなみに右上の青丸がシャルル・ド・ゴール空港で、南の青丸がオルリー空港です。

真ん中の緑丸がamioのお家で赤丸がサン・ドニです。

 

やっぱりパリとは全然違う・・・

 

英語圏のような海外感がすごいでてます。

 

amioが昔住んでいたシンガポールとか、アメリカとか、オーストラリアとか、、、そういった国々が懐かしく思い出させてしまうような、そんな(やや治安は悪そうな感じがするんだけど、近所の人が近い、人との交流がもっと深い感じ)素敵なところでした。

 

こっちあたりに住むのもめっちゃいいな〜〜〜〜〜

そんな雰囲気、amioは好きなのです。

 

話は逸れますが、今まで旅人のように定住をあまりしない生活を小さい頃から重ねてきたわけです。長くて6年ですね、中高時代の京都か社会人時代の千葉か。

でもって、新天地が大好きなんです、これがまた。好きなんだけど、、、いわゆる地元!!!という雰囲気も大好きで、いいなぁと無い物ねだりしてたり、他人の芝生は青い状態だったわけです。

 

最近ロマに関するyoutube動画を見てて、あ、私ロマの人の気持ちちょっとだけだけどわかるかも、、、と思いました。(全くベースは違うので、ロマの方々からしたら一緒にするんじゃない!とたしなめられそうですが)

そしてそんなロマの方々の暮らしって大変なのはわかるけど、理想だなって思いました。人々の喜びのために舞って、それで生きるための何かを代わりにもらって、いろんな国、地域、街を転々とする、、、

人間らしくって素敵だなって。

大変ですけどね。

 

はい、話逸れました〜〜〜

 

ということで、(ということなのか?)日本舞踊のショーへ。

今回は3時間弱で髪結いと白塗り化粧と着付け、3人ともがそれぞれほとんどお互いを手伝わなくてもそれぞれがスムーズに準備することができました。3点ともにおいて超スムーズ。満足の出来です。撮影の時この化粧ができていたらよかったと後悔するぐらい。。。

 

ポイントはスポンジにとる水分量と顔用の油、お粉、それぞれをたっぷり含むことですね。

 

踊り終わったらフランス人のおばあちゃんがわざわざ英語で「Thank you, beautiful」と震える声で言ってくれました。踊ってよかった・・

 

パーティーのご飯や飲み物は我々が支度をしている間にお開きとなってしまっていたため、交渉の結果酒を1本ちょろまかすことに成功

 

 

グフ、ぐふふ・・・・!

 

 

あなうまし!

 
フリーター就職・既卒就職なら【JAIC(ジェイック)】 説明会申込

コメントを残す