わーい、パンゲット!

火曜日はコンテンポラリークラスから入ったのですが、先生からとても穏やかにメソッドを行っていると褒められました。(褒められた、、んだよね?間違っていると指摘されたんじゃないよね?汗)

そして持っていったおにぎりをもぐもぐ(もらいもののおにぎり♪)してから、バレエレッスンへ。

バレエレッスンでも、男性の先生ですが、バーレッスンだったりセンターではamioを見なさいね〜という感じで少しづつ褒めてもらえるようになりました。

嬉しい反面、ここから気を引き締めないと!と思います。慣れ始めたところからサボりとか気を抜いたりとかしちゃうのが今までのamio。フレンチバージョンのamioもそうなってはいけませんから・・・日々頑張りますっ

 

そしてお家ですこしライティングの仕事をしてから17時半からのリハに行ってきました!晴れてジャポニスム2018の企画の一環として登録してもらえた書家さんの展示で踊るやつです。

 

前回よりもより全体像の構成が見えてきました。半分きたという感じでしょうか。

お互いに音へのイメージを出し合って、一つひとつ動きと音を決めていきます。

 

終わったら、友人からもらったという超ビオなパンを2つポンポンっと書家さんとamioにくれました。古代の小麦粉(小麦粉と言わないのですが、とにかく昔のやつらしい)で作った超絶ビオパン。さすがエコロジスト。友人もそういう方達が集まるのね・・普通のパンと比べて消化もいいそうです。

いい匂い・・・!!!ぐへへ

 

これは帰宅後ラップ巻きましたが、もらった時はもちろんそのままのむき出し状態。21時からアソシエーション立ち上げに関する打ち合わせにサンミッシェルの方に行っていたので、帰宅0時30分までずーっとこのパンを生のまま抱えてました。。。

 

そうそう、話を戻すと、エコロジストさんの話では、フランスにビオのお店っていっぱいあるけど、Naturalliaはもうあまりビオになってないのではと懸念しているみたいです。ナチュラリアよかbio c’bon(ビオ セ ボン)、ビオセボンよりかビオコープ、ビオコープよか個人が経営しているビオの店、、、が良いみたい、、です。。。

ま気持ちは分からんでもないですけど。こうなると自分で育てるのが一番だねっていうところに行き着きそう。

 

リハ後は公園で持って行っていた夜のお弁当をもそもそ食べてから(節約生活!)待ち合わせのブラッスリーに行きました。議論が白熱しちゃって、、、0時過ぎた時は、「まじかー、amioが頼んだ打ち合わせだけど長くね?疲れたわ〜」となりました(最低なやろうですね。申し訳ない)でももうちょっと話し合う必要があるみたい。アソシエーションじゃなくて企業の方がベターかもしれないのです。よ。。。

 

少しづつ話し合いましょ。

 

ずっとパンを抱えているのでいろんな人に見られたり、たまに「どこで買ったの?」と聞かれました。パン威力すごいね。(パン先生のご威力が凄まじいのか、フランス人のパンに対する愛がすごいのか、、、今後研究していくことにしよう)

 

帰ってもう〜何もできずにバタンキューです。

 
海外就職なら【JAIC(ジェイック)】

コメントを残す