コンテンポラリーとバレエ

今日はコンテンポラリーのクラスからスタート。11時からなので、朝は比較的ゆっくり。自分のバイオリズム的に平日は毎日ちゃんと7時半に起きようと決めているのですが、、、

今日はなんだか重たくて、8時にようやくむくりと身を起こすことができました。なんといっても、昨夜〜早朝にかけての空咳が止まらなくて眠れなくって、、、

肺炎になってやいないかと心配です。

それに、多分右上の親知らずがひょっこりはんになっているので、少し鈍痛がするの。。。踏んだり蹴ったり。とほほ・・

 

でも、7時半〜8時のパリの空が、太陽のピンクを受けた雲がば=っと広がっていて、それはそれは幻想的で美しい光景でした。朝って、起きるのが辛いのですが、朝に行動するのはとっても好きなんです。めちゃくちゃ寒いけど窓を開けてしばらくぼーっと見ていました。

 

 

そしてその後はすぐ、昨日のお客様の(書家の方)ギャラリー営業の失敗を挽回すべく、紹介したいギャラリーさん全員に早速書家さんの猛プッシュと営業。

 

 

コンテの授業は、前回と同じくとっても丁寧に教えてくれて、めっちゃ勉強になる。今日は軸はもちろん、全ての彼女のバリエーションは内側の動きを意識して手を足を出す、に着目しているので、全ての動きのインナー部分、その動きから動きへの連携・・をずっとやっていました。楽しい・・

 

おとといのお客様からいただいたパスタを外でランチした後は、バレエのレッスン!先生にamioが日本人とバレて(?)少し会話がありました。

バレエとコンテを受けていて、どっちも気持ちいいのですが、、、本当によく考えることがあります。

それは、

 

踊れる身体とは何か、そして表現する手法手段とは?

 

 

バレエを受けて、(やはり全てのベースなので)体の構造が勉強になります。足を上げるため、ターンするため、ステップやジャンプはベースのバレエができないと、詳細の動きがやっぱり汚くなっちゃう。かといってバレエのカタチばかり追求すると、カタにハマりすぎた、流れる様な動きや自由な動き、本当に伝えたい表現までいかないかもしれません。(バレリーナはいいのですが)

 

どんな表現も細部まで気をぬくことなく表現しきれる、でも無理のない強靭な体。竹の様に、ゴムの様に。

 

こんな体を作り上げて作り上げていかなくては。地道にコツコツとですね。

 

ですが、

 

 

今夜は久々の友人と、amioの大好きな中華料理屋で待ち合わせして中華三昧な日なのです。いっぱい食べるぞ〜♪

 

 
7つのレッドポリフェノールと250種類の酵素で美味しく飲んでダイエット!すっきりレッドスムージー!

コメントを残す