stage de nihonbuyoラストデーと、パリでのダンス修行を終えての感想

さて、本日で日本舞踊のスタージュもラスト。みんな15分前くらいからビシ!!と集まって、前日撮りした振り付けのビデオをみて静かに勉強しております。

早めにストレッチを終えたら、早速髪を結って(時間がないので好きなように)、白塗り準備のためにお粉を水で溶いたり、床が汚れないように、などなど細々とした準備を行っていきます。

 

amioとダンスパートナーのKさんはすでにやったことがあるので、今回は違う方法、どちらかというと正式な方法で白塗りを行なっていきます。。。が、、、やっぱり難しいね!

お粉をはたくとだいぶマシだけれども、、、

 

お化粧も、前回は舞妓さんと同様なやり方を目指しましたが、(色々ぽってりめ)今回は目指せ!玉三郎様・・・!!!ということで、玉三郎様のお顔を拝見しつつ、少しキリリとした感じのお顔を目指して朱や黒を顔に入れていきます。

今回も首に白を塗れなかったので、うーん、やりたかったなぁと残念でしたが、、これは難しいのでね、仕方ない!!(特にうなじ)

 

そして友人を招いてのプチ・ショー!amioはいつもご飯を奢ってくれるおじさんに感謝の気持ちを込めてお招きしました!気に入ってくれたら良いのだけど・・・

 

さて、クラスが終わったら舞踏のスタージュと同様、修了書の授与式が。

 

そしてそのまま、みんなで近くのコーヒーショップでカフェしましょう!(チーズケーキが美味しいらしく、とても楽しみにしていたamio.朝も昼もバナナ一本で頑張ったのもそのためょ・・・)

 

 

 

が、、、今日はお休み。。。。んなアホな。。。。ガーーーーーーーーん!!!

 

 

 

 

ということでお隣のカフェでお茶することに。チーズケーキはない。。。(代わりにタルトタタンやクランブルという、上にサクサクしたものがのったもの、、、はあったけど)失意のamioはサングリアで我慢。でも美味しかった!!

 

今までスタージュを頑張ってきたみんなと楽しくおしゃべり。というか、特にamioにフランス語を教えてもらうお勉強タイムみたいになっちゃいましたが。。。

でも良い時間でした。

 

カフェから出ると、すっかりお空がピンク色になっていて、、、あ。もう夏も終わるんだなって。

日本の夏の終わりは、すっごい真っ赤な夕日が沈んでいって、太陽の力をすごく感じるのですが、(あと蝉時雨ね、、、切ない音よ!)

 

パリでは昨日からすでに肌寒く、本日も最高20度、すでに秋に足がかかっている状態で、秋への準備というか、空気が少し澄んでいるような、木々がちょっと色づいて風に揺れている、そんな雰囲気のパリとなっているので、日本の夏の終わりに向かう切なさとはまた違う感じで切ない気にさせてくれます。

 

今日で踊りの研修も終わって、思い返せば今まで訳もわからずにいろんなスタジオに押しかけていろんなスタイルの踊りをいろんな人から学んだなぁ。最終的には自分の好みが決まったので、2つしかいかない!と決まったのですが、2017年9月から2018年8月はとにかく走りまくりました。

学校で毎日新しいフランス語を学び、クラスの後や土日はダンスのレッスン。将来のためにと思って自分で公演をプロデュースしたり色んな種類の踊りを色んなところで踊ったり。とーっても勉強になりました。

せっかく会社辞めてパリにきたのだから、いい経験になりました、で終わらせず、生きていく糧となれるように色々つなげていきたいもんです。1年じゃそこまでならなかったけど、、、

 

明後日の月曜日、日本に帰国したら10月にはすぐパリに戻ります。もう何個かすでに踊る約束はあり、(モダン、日本舞踊、ベリーダンスそれぞれ)ですがそれを単発とせずにビジネスとなるよう、そしてもっと踊りを勉強するべくダンスの学校にも通いますので、、、

秋めいたパリに向かって、おっしゃ、10月から本気でエンジンふかせてやるっきゃないっぺや〜と呟いた、そんなamioのおパリ生活の締めくくりとなりました。

 

起業の仕方なども10月以降はどんどん具体的に書いていきたいと思います!

 

 

働くならJAIC

コメントを残す