シャルル・ド・ゴール空港 2Eターミナルへお迎えに

母が無事に日本に帰国した次の日、朝7時にシャルル・ド・ゴール空港到着でamioの友人がamioを訪ねに来てくれました。

 

彼女をお迎えするために、朝4時50分起きでも苦になりません!

6時半にはシャルル・ド・ゴール空港 2Eターミナルに着くよう移動を開始します。

夏といえども、5時台はまだ暗いおパリ・・

 

 

さて、シャルル・ド・ゴール空港は大きいので少しややこしいです。

RER B線に乗って向かったのですが、ターミナル2は最終の駅まで乗らなければなりません。(1と3は手前の駅です)

 

そして、2Eとあるように、FとかAとか、ターミナル2の中でも到着ゲートが複数あるのです。

わわわ・・・無事にたどり着けるかしらん・・(前回親を迎えに行った時、大遅刻してしまって感動の再会のシーンを描くことができなかった・・・今回はこの惨事を避けたい)

 

大きなエスカレーターを1つ、2つと上がっていくと・・・

あ、表示を発見!

 

 

この動く歩道橋?をずんずん辿って行き、1階にある到着ゲートへ向かいます。

 

途中でトイレに行きたくなり、ちょっと寄ろう♪なんて考えていたら・・・朝早すぎたせいか、到着ゲート付近のトイレ2カ所が封鎖中・・・・なんでやねん・・・

 

 

でもって、到着ゲートで友人を待つ。

結局7時50分ごろ、ほぼ1時間待って再開できたのですが、この待っている間の自分のドキドキと、周りの感動の再会がやばかった・・・!

 

みんな思い思いに友人や家族、恋人を待っていて、花束を持って待つ男性とかいたりするんです。

特に家族の久しぶりの再会のシーンはとても感動的。子供達がおとうさんにまっすぐに飛びついて、お母さんが静かにそっと後ろで微笑んでいるのですが、明らかに涙ぐんでいるんです。。大大大好きな映画、「ラブ・アクチュアリー」の光景がすぐ目の前!!

 

結構ウルウルしてました。。。

 

その後友人が現れたので、フランスの国旗を振って自分の立ち位置を表明。すぐに気づいてくれて抱擁したときは、とってもamioも涙ぐみました・・・

 

 

その後ルーブル美術館(普通と比べて3分の1の速さで入館できる裏口ゲートから入りました、気になる方はご連絡を!)、シャンゼリゼ、翌日はモンサンミッシェルと満喫。

さらに次の日はオペラ座内部見学やノートルダムに行って来たのですが。。。

 

とても素敵なことが!

 

まずオペラ座ですが、最近オペラ座では日本の「脱出ゲーム」が行われているのです。オペラ座の怪人を巡るツアーですね。ちょうど行ったときに開催されていて、大勢の人が仮面をつけてツアー。中で演技をしている人とかもいて、とても素敵な雰囲気になっていました。

 

 

そしてノートルダム。

金曜日はパイプオルガンを聞けるらしくって、友人と行ってきました。

怖い感じの音、優しい感じの音色・・・が交互に組み合わさっていました。

ディズニー映画、ノートルダムの鐘を見たamioにとっては、ジプシーの美女や鐘つき男のカジモトを思い出しながら細部を見たり音を聞いて、あ〜、すごいなぁと。

美しいパイプオルガンの音色をぜひお聞きください!⤵︎ 
https://youtu.be/XBA_N89XWqE

 

 

この友人が帰ったらまた入れ替わりのように、高校時代の友人がくるので、「メゾン ド amio(amioハウス)」、連日営業中ですが心地よく一緒に暮らすためにもっともっとパリのことなどを知って行きたいと思います!!!

 

 

 

 

フランス語ビデオ講座

コメントを残す