急に行ってきました、オーディション・・?とアパルトマンの下見へ!

昨夜、いろいろと画策していたわけですが、、、(来年度何を本格的に学び、どう生計を立てていくか、、、方向性をいろいろ考えて資料とか集めていたのです)

 

1つ、フランス人の友人が、自閉症の方のためのダンスコミュニケーションの実験台ダンサーを募集しているという情報を送ってくれて、結構研究したいテーマでもあるため早速CVやら写真やらモチベーションを書いてディレクターに送りました。(ちなみに締め切りは4月4日!すぎてるし!)

 

そしたらすぐ返事が来て、10日火曜日にオーディションに来てくださいとのこと。

時間は14時〜18時。

 

なげ〜〜〜〜〜汗

 

授業を途中で抜けて、いざオーディション会場へ。

この建物はもともと中華系の催しとかレッスン(習字とかダンスとかお茶とか)をしているもので、全体的に中華な雰囲気がプンプンプン・・

 

お部屋の名前もsalle de Lotus.ハスです。中華なライオンさんが・・

 

そして19名が集まりました。

なんか、すでにみんな知り合いみたいで、オーディションという感じはなく、授業〜みたいな感じに。

みんなで円になって、一人一人が呼吸法と合わせた体の動きを行い、みんなで真似をしていきます。

呼吸を大事にしているのかな、と思ったら、だんだん変わって来て、とても大切にされたのが「声・言葉」になりました。声の音や言葉から発想される体の動きをどんどん展開させていきます。この考えは非常に面白い。

 

休憩を挟んだ後、2人組になって、言葉×動きの即興を円の中心ですることに。

だんだんディレクターの要求が追加されて難しくなって、あ〜れ〜と思っていたら、amioは最後になりました。

 

でも、日本人なので、日本語を話しても良い、となり、相手はフランス語、amioは日本語。言葉での掛け合いや音の掛け合い、うごきの掛け合いをすることに。

なんだか人の目なんか全く気にならないぐらい、すっごく集中して楽しかったな!

 

最後はこの声と動きの関係性を応用した群舞のような試しをして解散に。

 

解散が急になったので、次回があるのかないのか。どうしたら良いのか、謎に、、、ディレクターからメールを後でします、と言われたけど、これは本当にオーディションだったのかしら・・・落ちたのかしら、なんかできるのかしら・・・

???となりました。

 

さて、その足で引っ越そうかと思っているアパルトマン1軒、内見の約束を入れていたので行ってみることに。

ウンウン、広い通りだし、カフェもいっぱいあって、治安は悪くなさそうだ。

 

周りを確認。

 

悪くない!

 

が・・・

 

マダム(大家)に電話しても、エージェントに電話しても電話にでんわ・・・

 

もう〜〜〜〜〜〜〜!!!!涙

 

エージェントには怒りのメールを入れ、どうしようかなと思ったらマダムから電話。あした約束をこぎつけることができました。

 

どうか無事にいいところに引っ越せますように・・・・!!

 

ちなみに話は変わりますが、マツコの知らない話に何回か出たことある、豪華客船のプロ!(?)スミコさんをご存知な方いますか?今テレビで見てたら、フランスの番組に取材されてました〜〜

たまに日本の番組とかも紹介されるので本当にびっくり!

 

フリーター就職・既卒就職なら【JAIC(ジェイック)】 説明会申込

コメントを残す