モロッコ旅行レポート 2日目

amioのモロッコ探報!第2弾!!

 

2日目の朝。1階の広間に行くと女主人と働いている女性がきて、コーヒーかお茶か、聞いてきました。amioはもちろんコーヒー!

その後、飲み物、フレッシュフルーツ、パンケーキ、カップケーキ、卵、いろんなものが並びました。毎朝の朝ごはんはリヤドでとっていたのですが、毎回内容が違っていてゴージャス。毎回嬉しかったな〜

 

その後、女主人から地図を渡され、簡単な道順などを教わりました。

 

レッツゴ!

 

4つ目の道を右に行って、という風に原始的な感じで道を進んで行きます。

アフリカに来たんだ〜、と2人で言い合いながら大通りを進んで行きます。

道端で売られているパン、大量の卵、フルーツ。魚を揚げているお店もたくさん。

 

まずはマラケシュ1の有名どころ?スークへと向かうために広場を目指していたのですが、だんだん道がわからなくなり、いろんな人に聞く始末。

引き返して歩いていたら、リヤドの女主人が!!

彼女に結局案内してもらいました。偶然に出会えてよかった〜〜〜!

 

さて、広場を抜けると地図にも書ききれないスーク(市場)に入り込むことができます。

ひたすら2人でスークをさまよい歩きました。

 

トルコはイスタンブールの市場も行ったことがありますが、マラケシュのスークはもっと複雑、、、でもとりあえず行き当たりばったりに奥深くまでスーク内を見て回ったりたまに何か(バブーシュとか)買ったりしてました。

広場に戻ってカフェで休憩

 

 

屋根上から見える景色が良さそうなので3階へ。

amioはアボカドジュース!!を試して見ましたが、、、めっさ美味しい。これまじで美味しい。何かとミックスするのですがなんかやたら美味しかった・・

 

続いて、パレ ロワヤル(王宮)にでも行こう!となったのですが、、、、

 

2人で迷いに迷って、、、全然行き着かない。

途中で1番綺麗と言われている門は観れたけど、、、

 

 

ちなみに、この門、というか壁。これがメディナと呼ばれる旧市街地をぐるりと囲っているのです。これがでかい。永遠に壁、壁、壁、、、

こうやって、街をつくり、国となり、人々の生活の場と発展していったのね。。

 

さて、我々は本当に迷って、途中でくねくね曲がり、ついにはユダヤ人墓地ともう一つのでかい墓地に挟まれたところに行き着きました。

 

スークに戻ろう、と決心して四苦八苦しながら戻ります。

友人のグーグルマップが我らを導いてくれました。Google先生本当すごい、、

 

ずっとローカルな人の街を歩いていたので、本当に観光客がどこにもいなく。心細かった!

 

無事に広場に着いたときは安心しました。。。

 

 

暗くなる前にリヤドに戻ろう、ということになってリヤドへ。

やれやれ大変な1日だった・・・

いったんリヤドに着いたあと、ハリラと呼ばれるスープが飲みたくてそこらへんの屋台にいって来たのですが、美味しかったのですが、、、夜はやっぱちょっと危険。普通に腕掴まれたりと今までの旅の中でもだいぶキャーな体験しました。。。

 

大人しくお部屋でまったり。

 

 

コメントを残す