samedi 舞踏と日舞クラス

samedi(土曜日)はまた違うところで舞踏を教えているからということで金曜の同じ先生が教えている土曜クラスへ。

 

パリはここのところ半袖で生きていけるくらいの信じられん暖かさであったものの、今日から風も出て来て秋が増して来た。

 

土曜の舞踏クラスは金曜のクラスとちょっとやっていることが異なっておりました。フロアはほとんど同じだけど、でも腕たて伏せとかやっぱり違うメソッドが組み込まれている。センターではまるっきり違う動き・・!

 

よりダイナミックなムーブメントが多いように感じました。

今日はニューステップが追加されたらしく、その動きを超ゆっくり、普通、早い、超早いでどれだけ筋肉や引っ張る力や瞬発力が変わってくるかという意識づけを十分に行いました。

早い動きはまじ早のため、手足は十分に伸ばすことはできぬ。

最短距離を短くていいので刺していく感じ。というか、ストリートでいうポップを早くやる感じやね。筋肉の動かし方が特殊だから、なかなか大変!

 

その後、日舞のクラスがスタート!フランス人だからといってまごつくことはありません。みなさんサラサラサラ〜〜っと着付け、足袋もはき、扇子もきちんとしたものを使っていました。もはや懐かしいという感じ。。(カマレホウジュダンスカンパニーの方には”イナンナ”といっておきましょう。イナンナという舞台で我々も足袋をはき、扇子を用意したりして身近だった時があったのです・・・あな 懐かしや。)

 

日舞の内容はまじ本格的。先生が師範代、名取であるからして本格的なのは言うまでもないのですが、やっぱ所作が美しす。。。11月から学ぶ決心しました。

舞踏も日舞も奥が深くて多分きっと一生掴めないというかモノにできないとは思うけど、今のamioのダンススタイルに全くない要素のため、絶対に大切だと思う。そのため、回り道かもしれませんが、、、踏み込みます!!!

 

ちなみに舞踏の時よりも日舞の時の方が先生がピリリとしているので、だいぶ「ドヒャ〜〜〜〜」となっています。ぴぇ〜〜〜

 

土曜の舞踏と日舞にはもう一人、日本人がいて、多分ヒップホップダンサー。頑張っている姿を見るとやっぱり感動しちゃう・・・

日舞ができると仕事のオファーが増えるという言葉を信じてamioも来たのですが、彼女も多分同じやと思う。実際に彼女のポートレート撮ったし。。

 

お互いに頑張りたいところ!!!なんといっても現場はピリリとしているので、、

 

 

ビースマイル 自宅でできるホワイトニング

コメントを残す