2017 Nuit Blanche

パリにはNuit Blanche という朝まで続く芸術祭のようなものがあります。

え、断然行く行く〜〜!ということでいってまいりました。

 

だいたい19時から催し物がスタート。

今年は4つのコースが用意されていて、

1 東駅と東駅以北をめぐる

2 セーヌ川、パリ市庁舎、マレ地区やレアル地区をめぐる

3 子供も楽しめる家族向け

4 パリ近郊

 

いろんなギャラリーや商業施設がいろんなことを行なっているのです。ダンスパフォーマンス、アートの展示、音楽、フィルム、、、とにかく至る所でいろんなことが!とてもじゃないけど周りきれない。。。

 

メトロは1時前後が終電なのですが、この日は3時くらいまで運行しているのかな。。?バスに限っては4時5時と運行していたり。

 

とにかく老若男女が夜更けから朝方までアートなものを楽しんでいるというスンバラシ〜ぃ企画なのです!!

 

友人と一緒に回るべく、彼女の家で待ち合わせると、、、まずワイン1本を空ける。

22時くらいにいざ街へ!

 

amioが一番見たかったダンスのパフォーマンスを見るためにホール レアルへ!

いろんな場所で偶発的に踊りがされており(パフォーマンサーは全員体を銀に塗っていた!)楽しいのだが、、、人だかりが凄すぎてなかなか見えず・・・

 

その後彼女の行きつけのアイス屋さんに行こう〜となり、向かった先がなんと「イラン市民文化交流センターを兼ねている?レストラン」!

 

イラン、まじイラン!かっこよかった〜

 

この日は友達の誕生日会をしていたみたいで、勝手にタダでご飯、お酒、ケーキ(3ピースも!!激甘で最高の美味しさ)!!

という傍若無人な感じになりました・・・

 

でもみんな優しくっていい感じ、、、ケーキとか真っ先にくれたし。。

 

そして面白いのが、このお店のオーナーはかつてダンサーで、レストランの地下にはなんと鏡張りのお部屋が。

 

現在彼はマッサージセラピーみたいなことをしており、流れでガチのマッサージをしてくれました。。。

めっさ気持ち良かった・・・!!!

 

そして、ベリーダンスをここでしたい、とほんのりお伝え中・・・

 

スペクタル場所の確保なるか?!

 

amioの奮闘は続く・・・

 

帰り際にオープンになっている美術館に寄ったのですが、(深夜1時くらいかな)2016年4月に撮影されたカンボジアの牢獄の様子でした。

2016年とは思えない衛生環境、人口の20%は無くなっている事実・・・

 

アートを通して、伝えられることはたくさんあるなと。

受け手が直接何かできるわけではないけれども、大事なことやんね。

 

 

これまでに、500名以上が就職決定!若者正社員チャレンジ事業

コメントを残す